品質・環境への取り組み

品質・環境への取り組み。近畿シコーは、未来・志向。「提案型」のプラスチック容器成形加工で、皆様の暮らしと地球環境保全に貢献します。

  • ホーム
  • » 品質・環境への取り組み

健全な地球環境を次世代に引き継ぐ
企業活動を推し進めています。

「ISO9001:2008」を認証取得。

健全な生産活動を通じて社会に貢献するために。「品質ISO」認証を取得している丹波工場に加えて、本社、久御山工場でも2007年12月に認証取得しました。


「KES環境マネジメントシステム スタンダードステップ2」を認証取得。

国内規格の環境マネジメントシステムを全社で認証取得し、省エネルギー、産廃の排出制御、シート製品化率の向上、社内のペーパーレス化等を推進。目標値を上回る成果をあげています。


環境宣言
方 針

近畿シコー株式会社はプラスチック等の製造・販売に係わる全ての生産及び消費活動と、これらの製品及びサービスの環境影響を低減するために、次の方針に基づき環境マネジメント活動を推進して地球環境の調和を目指します。

  1. 当社の活動、製品及びサービスに係わる環境影響を常に認識し、 環境汚染の予防及び環境保護を推進するとともに、環境マネジメント活動の継続的改善を図ります。なお環境保護には、持続可能な資源の利用、気候変動の緩和及び気候変動への適応、並びに生物多様性及び生態系の保護などを含みます。
  2. 当社の活動、製品及びサービスによる環境影響項目に係わる法的及びその他の要求事項を順守します。
  3. 当社の活動、製品及びサービスに係わる環境影響のうち、以下の項目を環境に著しく影響を及ぼす可能性のある項目として定め、その改善に取組みます。

    (1) 電力使用量の削減   要検品の削減

    (2) 産業廃棄物の削減   オーバーロスの削減

    (3) 紙の使用枚数の削減

    (4) 環境対応素材の用途開発(環境を考慮した活動の推進)

    (5) 本社周辺の清掃等で社会貢献

  4. 一人ひとりが環境負荷低減活動を積極的に実践できるように、この環境宣言を組織の全員に周知するとともに社外へも公表します。
  5. 地域の環境改善活動に積極的に参画します。
  6. 上記の方針達成のために目標を設定し、定期的に見直し、環境マネジメントシステムを推進します。
制定:2004年10月21日
改訂:2017年 1月 5日
近畿シコー株式会社
代表取締役社長 北村 貴子

本社・各工場に専任担当者を配置、品質管理体制も万全です。

品質管理体制 イメージ

品質管理体制
近畿シコーでは品質管理を徹底し、信頼に応える質の高い製品づくりを実践しています。品質管理担当者は受注の規格基準書作成の段階から参画。生産段階ではISO9001に基づいた品質チェックやデータ採りを逐次行い、品質を厳しく管理しています。またお客様へのご報告も工程ごとにきめ細かく執り行なっています。


事業領域・技術体系
製造工場環境

社員講習会なども実施し、クリーンな環境を保持しています。

丹波工場ではイカリ消毒株式会社に、久御山工場はアース環境サービスに環境の調査を依頼。手指洗浄、毛髪対策、防虫対策、及び毎月の診断と指導を仰いでいます。また全てのスケルトンを粉砕し有価物として再利用するなど、環境に負荷をかけない取り組みを推し進めています。

製造工場
PAGE TOP