製品紹介

2層発泡シート

  • 製品紹介
  • 2層発泡シート

概要 ― Overview ―

例えば、水道管の断熱カバーやボイラー配管など、パイプ内の温度を一定に保ちたい場合や、外気温度の伝わりを遮断する必要がある製品におすすめなのが2層発泡シートです。発泡ポリプロピレンと発泡ポリエチレンの2層構造のシートを真空成形する事で作られます。発泡ポリプロピレンの断熱性の高さと、発泡ポリエチレンのコストパフォーマンスの良さを両立させました。また、パイプ接続部のボルトやクランプ等のデコボコなどのディテールの成形も実現可能です。

特長 ― Feature ―

  • ユニークな製造方法で
    効率よく

  • 2つの魅力の合わせ技

  • ニーズに応じて
    仕様の調整が可能

ユニークな製造方法で
効率よく

ユニークな製造方法で効率よく

近畿シコーの2層発泡シートは真空成型方法を用いて製造しています。この方法を使えば、複雑な形状の断熱カバーを作る際も金型費用を削減する事ができ、製造にかかる時間も減らすことができます。

2つの魅力の合わせ技

2つの魅力の合わせ技

2枚重ねにしたポリプロピレンシートとポリエチレンシートを、同時に発泡・成形し製造します。内層に断熱性と耐熱性に優れた発泡ポリプロピレンを使い、外層に耐候性に優れ材料価格の安い発泡ポリエチレンを使うことで、両方の材料の優れた機能を活かしつつ、コストパフォーマンスの良い断熱カバーを作ることが可能になりました。

ニーズに応じて
仕様の調整が可能

ニーズに応じて仕様の調整が可能

【発泡シート厚の調整】

「断熱効果を高めたい」「コストを削減したい」など、お客様から様々なご要望をうかがい、それに合わせてシートの厚みを調整した製品をご提案いたします。

【材料物性の調整】

断熱効果の他に、例えば、難燃性(燃えにくさ)や紫外線への耐久性を高めたいなど、プラスアルファの性能をご要望のお客様には、製造の際に添加剤等を配合するなどして、製品の物性改善を行います。

近畿シコーのちょっと一工夫 ― Device ―

粘着フィルム一体化成形

粘着フィルム一体化成形

発泡シート成形時に粘着フィルムを仕込んでおくことで、粘着フィルムが一体化されたパイプ断熱カバーを製造することが可能です。
もちろん、両面テープの貼り付け加工にも対応します。

金型彫刻による文字やマークの転写

金型彫刻による文字やマークの転写

あらかじめ文字や数字等の彫刻を金型に施しておくことで、成形した製品の外層表面に、製品型番や各種マークなどを転写できます。

まとめ

この2層発泡シートの成形技術は、機能性と経済性を兼ね備えた優れた製品を製造できる技術ですが、2種類の材料を同時に発泡させるには様々なノウハウが必要です。
他社に委託して諦めたお客様も是非一度ご相談ください。