会社案内

沿革

沿革

昭和24年の創業から70余年、世の中の動きをいち早く読みとり、「常に改善への努力」という社是にならって設備投資を積極的に進め、アイデアと技術を注ぎ込んで、お客様が必要とするオンリーワン製品を開発してきました。
昭和30年代にはプラスチック製品の製造を始めており、業界では老舗と言える存在です。
高度成長期で国民の消費行動が変化していく中、透明なプラスチックと紙や金属を組み合わせれば「中身が見える商品パッケージがつくれるはずだ」という着想に基づき、設備導入や開発を積極的に推進。百貨店やスーパーなどの販売方法や商品ディスプレイに対する新しいニーズにマッチした様々なヒット商品が次々に誕生しました。
次の時代を読む力は、食品容器の分野でも発揮され、発泡ポリスチレンカップ(EPSヤングカップ)や、プラスチック食品容器、生鮮食品トレーなど、誰もが知っている様々な製品へ同社のプラスチック製品が採用されていきました。
その後、京都では電子部品や半導体製品など超精密工業が発展していく中、電子部品の搬送トレーや微細な部品を作って欲しいという相談が多くなっていきました。平らなシートから微細な構造を厳しい寸法精度で作ることは大変難しいことでしたが、優れた設備と技術者達の知恵と技で対応し、今では高い技術力と優れた品質を誰もが認める企業となりました。